集中力が続かない人必見!脳に必要な栄養とは?-ココカラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは脳に必要な栄養をご存知ですか?脳に限らず、体をしっかりと機能させるには日々の食事、つまり栄養がとても重要です。脳にしっかり栄養が行き届いていないと昼間眠くなったり、途中で集中力が切れたりするなどの悪い影響が起きてしまいます。今回はそんな脳に必要な栄養についてお伝えいたします。

脳に必要な栄養素とは?

脳に必要な栄養素は、基本的にはブドウ糖だけになります。 このブドウ糖を摂取するには、食べ物からでしか補給することは不可能です。その為、脳をしっかりと活動させるには日々の食事が重要になってきます。

しかし、『そもそもブドウ糖とは何?』と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ブドウ糖とは、糖の最小単位の事を言います。例えば、少し前に「麦芽糖」というものが話題になったかと思いますが、この麦芽糖というのはブドウ糖が2つくっついたものの事を指します。

また、ブドウ糖と果糖がくっつくとショ糖になり、ブドウ糖が多くくっついたものが、デンプンとなります。デンプンが豊富に含まれるものとして、お米やイモなどが挙げられます。

つまり、普段の食事からお米やパンなどの炭水化物やちょっとした糖分を取り入れる事を意識するだけでも脳の働きは大きく変わっていきます。

 

人間の脳は大食い!?

脳は、何もしなくても1日約120g1時間に5gのブドウ糖を消費します。

その上、不必要なエネルギー源を他の臓器の様に蓄積しておく事が出来ません。

その為、絶対に栄養補給は欠かせません。

また、 脳はたとえ睡眠中であっても休むことなく働き続けています。

そしてそのエネルギー源の全てをブドウ糖に頼っています。

皆さんも経験があるかもしれませんが、朝起きたときに頭が『ボ~ッ』としてしまうのこれが原因です。

朝からしっかりと脳をフル稼働させる為には、朝食を摂ることがおススメです!

朝食は一日のスタートであると同時に、夜中寝ている間に消費した栄養を補給してくれる役割があります。起きて2度寝をするよりも朝ご飯を食べた方が、寝起きも良くなり、尚且つ脳が活発になり、栄養も取れるので一石二鳥どころか一石三鳥くらいお得です!

 

あくびが出る原因は脳に酸素が足りていないため

よく、日中に眠くなったり、あくびが出てしまうという方もいるかもしれません。

眠気や退屈感によってあくびが出てしまうのは、脳の働きが鈍くなってきた証拠です。

『酸素』は、脳が全身のコントロールや記憶、または精神活動を行う際にエネルギーとして消費されています。

昼間、集中力が切れたり、眠くなった方は大きく深呼吸をして脳に酸素を供給しましょう!

 

まとめ

・脳に必要なエネルギー源は『ブドウ糖』と『酸素』。

・脳は人間の臓器の中で最もエネルギーを消費する大食いの臓器です。その為、常にエネルギー源となるブドウ糖を補給する必要がある。

・あくびは脳の働きが低下している合図。深呼吸などをして脳に新鮮な酸素を取り込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

500円クーポンプレゼント!

「ココカラボ」運営会社である株式会社サンリが手掛ける

公式通販サイト「サンリセレクション」で利用できる

お得な500円クーポンをプレゼントします!

▽サンリセレクションはコチラ
http://www.sanri.jp/

クーポンコードを入手する